千住キャラ絵ワークショップ(2018年度・第2回)のお知らせ

千住会とLive2Dが共催するハンズオンイベント!!

@rikak

開催趣旨

マンガ、イラスト、アニメ、ゲームといったメディアのキャラ絵に求められる技術は、似ているようでありながら同質ではありません。イラストの絵をそのまま動かすことが出来るLive2Dでも、新たな技術理解と実践の知識が必要です。

2018年度2度目のワークショップは、Live2D入門本もお書きになっているマンガ家・イラストレーターの神吉李花(@rikak)先生をお迎えし、自分のキャラ絵をLive2Dで実際に動かすところまでハンズオン形式(講師の指導の下で参加者が実制作する形)で進め、キャラ絵をLive2Dで動かすための知識を実践的に獲得する場にしたいと思います。

Live2Dの分からないことをその場で解決するとても貴重なチャンスです。キャラ絵を描いていて動かしてみたい方、最近の「バ美肉」ブームに興味のある方、過去にLive2Dに挑戦したものの挫折してしまった方などを中心に、皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

  • アジェンダ:「自分のこのキャラ絵を動かしてみたい! 一体どうすれば!?」
  • 日程:2018年9月22日(土) 13:00~17:30
  • 講師:神吉李花, refeia
  • 司会進行:未識魚
  • 参加費用:無料(終了後の懇親会には実費が必要です)
  • 主催:千住コンテンツ文化研究会、共催:株式会社Live2D
  • 会場:東京都新宿区新宿1-20-2小池ビル1F Live2D社セミナー室

参加者にはLive2D Cubismの1ヶ月試用権と、ライセンス購入時の割引クーポンが株式会社Live2Dより提供されます。

参加準備

「ハンズオン」は、参加を通して自分の作品を実制作していく形で進めます。少々大変かと思いますが、ご自身の制作環境と共にご参加ください。

  1. Live2Dが動作可能なご自身のノートPCやタブレットPCなどをご持参ください。Live2D Cubismを事前にダウンロード・インストールしておくとスムーズです。
  2. 自分のキャラ絵(2~3等身のミニキャラ全身絵またはバストアップのイラスト)をご用意ください。

申し込み

取材・お問い合わせ

  • 千住コンテンツ文化研究会事務局[email protected]までご連絡下さい。

千住キャラ絵ワークショップ(2018年度・第1回)

開催趣旨

マンガ、イラスト、アニメ、ゲームといったメディアのキャラクターに求められる絵は、似ているようでありながら同質ではありません。イラストの絵をそのままアニメにすることは困難ですし、イラストの絵とマンガにも差異があります。

2018年度1度目のワークショップは、マンガ家の今井哲也先生とイラストレーターのrefeia先生を千住にお迎えし、一応アニメ原画家もやった未識魚と共に、マンガとイラストのキャラ絵の違いを端緒として、メディア表現の違いや、街を描くというイマ・ココをキャラ絵に取り込んでいく表現について考えていきたいと思います。

キャラ絵を描いている / 描きたい方をはじめ、デジタルカメラやITなどの技術話が好きな方、「メディア横断的に街を描く」というような表現にピンと来る方など、皆様の参加をお待ちしております。

開催概要

  • 日程:2018年6月30日(土) 13:30~17:30
  • 会場:東京都足立区千住5-13-5 学びピア21 5階 研修室5
  • アジェンダ:「マンガとイラストで違うコト:作品を直しながら色々考える」
  • 準備:今井先生とrefeia先生にガンガンと「添削」をしてもらおうと思います。ご希望の方は、自分の作品を事前に[email protected]宛へ送付して下さい。できるだけ、Dropboxなどクラウドストレージサービスのリンクでお送り下さると助かります。

キャラクターで描く千住イラスト展の開催

キャラクターで描く千住イラスト展2018・告知チラシ・ポスター
【会期】
2018年2月23日~2月28日
【時間】
11:00~18:00(最終日は17:00まで)
【費用】
無料
【会場】
アートスペース・ココノカ北千住駅から、慣れた人なら徒歩3分
【出典作家】(予定)
@refeia, @Kabosu_andonats, @ymmryso, @linco, @wkbAst, @f_take, @mishiki,(順不同)
【主催】
千住コンテンツ文化研究会

ワークショップ(2017年度・第4回)開催

1年間続けてきたキャラ絵×写真のワークショップ。第4回は、歴史、理論、技術、手法を色々と学んできた流れを踏まえて、「実際にキャラ絵を描いた時にココが巧くいかない、具体的に教えて神絵師!&カメラマン!」というお悩み相談回にしたいと思います。2月末の展示会に向けた作品制作の技術交換会も兼ねています。描いたり撮ったりしている作家さんや、新しい技術に興味がある方の参加をお待ちしております。

  • 日程:2018年2月17日(土) 13:30~17:30
  • 会場:東京都足立区千住5-13-5 学びピア21 5階 コンピューター研修室
  • アジェンダ:「絵と写真、もっと巧くなるには!? ~ ボクの作品を直して教えて!」
    • 講師:refeia, 中村 年孝, 中川 譲
  • 参加費用:無料
  • 申込:(終了)

ワークショップ(2017年度・第3回)開催

キャラクターイラストの背景や小物には、資料としてあるいは作画の材料としても様々な段階で写真が使われています。ではキャラクターそのものの部分に写真を使うことについてはどうでしょう。ポートレート写真とキャラクターイラストは、人物の表現として仕上がるところは同じですが、創る側の意識に違いはあるのでしょうか。そんなキャラ絵とポートレート写真の関係、そしてポートレートでの背景とはどういうことなのか。今回は、人物写真を出発点に背景までを考えていきます。

ポートレート写真の実作を行いますので、特別ゲスト講師件モデルとして、水こみづ先生をお招きします。真の関係、そしてポートレートでの背景とはどういうことなのか。今回は、人物写真を出発点に背景までを考えていきます。

マンガやイラストなどの形でキャラクターを描くことに興味のある方や、四季折々の街並みを写真に撮るのが好きな方、コンテンツツーリズムなどキャラクターと風景の関係性を研究される方、また開催地である古くからの宿場町である足立区千住の風景に魅力を感じる方に加え、どうやって人物を撮ると魅力的なのかという部分を探求されている方も含め、幅広い皆様の参加をお待ちしております。

  • 日程:2017年10月28日(土) 13:30~17:30
  • 会場:足立区千住東2-21-18 あずま住区センター第6集会室
  • アジェンダ:
    1. 「キャラ絵と写真で違う人物描写~削る写真と盛るキャラ絵」
      • 講師:中川 譲
    2. 「ポートレート写真で求めるられるもの~実作しながら考える」
      • 講師:中村 年孝、特別ゲスト講師:水こみづ
    3. 「写真の知識を獲得してイラストに活かそう!~構図、ボケ、ライティング…背景以外にも使える写真」
      • 講師:refeia
  • 参加費用:無料
  • 申込:(終了)